• NEXT HERO運営チーム

在宅ワークにもいろいろ!在宅雇用と在宅就業の違いとは





【執筆者:NEXT HERO在宅ワーカー】


現在、在宅ワークで仕事がしたいと考えている障害者は多くいます。昨今の働き方改革の影響により在宅ワークでの働き方にも変化が起きています。そこで今回注目するのは、在宅での働き方として『在宅雇用』と『在宅就業』の違いについてです。実はこの2つ、大きく意味が違うのですがご存じでしょうか?では、その違いを見ていきましょう。



在宅雇用とは、労働者と企業が在宅雇用としての雇用契約を結んで働くことです。インターネット回線を利用して行うテレワークも在宅雇用に分類定義されています。具体的な働き方や就業時間は企業との要相談となりますが、基本的には労働日の全部もしくは大部分を事業所への出勤を免除され、在宅にて勤務に従事することになります。


また、企業に所属しているので在宅勤務の許可があれば社会保険の対象にもなります。ただし社会保険の対象になるためには、指揮監督系統・拘束時間などが明確であることや、一般労働者と同一の就業規則などの諸規定が適用されているなどの一定要件を満たしている必要があります。業務の範囲については特段の要件や制限もなく、すべての業務に従事することができます。



在宅就業とは、労働者と企業が請負契約を結んで非雇用形態で働くことです。わかりやすい例としては、主婦の方が育児や家事の片手間にアンケートや商品モニターなどのちょっとした作業をすることで報酬を得られるといった在宅ワークの形態です。企業が求める仕事ごとに納期と報酬が決められており、その納期さえ守れるのであれば自分のペースで仕事ができます。自由度が高く気軽にできるため、現在ではさまざまな求職サイトにて仕事が提示されており、それを利用する人も多くなっています。ただし非雇用契約であるため、報酬は仕事ごとに支払われ、社会保障や確定申告といった手続きや申告は自営業の方のように労働者自身が行う必要があります。



在宅雇用のメリットは、さまざまな要件を満たし契約しているため、決められた労働時間や給料の支払いといった管理がしっかりしているところです。デメリットは、企業側の導入成功例が少ないため、受け入れ態勢が取れていない企業はまだ多くあるところです。一方在宅就業のメリットは、企業側と簡単なやりとりで仕事ができるところです。デメリットは、仕事だけで報酬が支払われないといった不利益を被ることがあるところです。



在宅ワークには「在宅雇用」と「在宅就業」の2つの形態がありそれぞれに違いがあります。自分がどのような状態にあるかによって働き方を自由に選ぶことができます。自分自身と相談して何ができて何ができないのかを明確にし、在宅ワークという働き方を検討してみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

© Copyright (C) VALT JAPAN-NEXT HERO. All Rights Reserved.