• Facebook
  • YouTube
  • Instagram

© Copyright (C) VALT JAPAN-NEXT HERO. All Rights Reserved.

  • NEXT HERO運営チーム

在宅雇用の障がい者と仕事する際の3つの心得【企業編】






■執筆者:NEXT HERO在宅ワーカー


在宅ワークのメリットは通勤が不要なので心身ともに負担が軽い。人の目を気にせず集中して業務に取り組める。自分のペースで仕事が可能なことです。


このように、障害者雇用を「安定的かつ戦力的なパートナー」になるためには、障害者が業務に集中して取り組める環境を作ることが大事だと思います。また、企業の一つひとつの心がけが、障害者の仕事を効率良く進められることになっていきます。



通勤の負担を軽減させましょう


在宅ワークにすることで、毎日多くの時間・体力を有効活用することが出来ます。さらに通勤に支障がある内部や精神に障害がある方にとっては通勤不要によって感じられるメリットは何倍にもなり、障害者にとって心身ともに助かることで、仕事をしたいと思える気持ちが増えることにもなります。


さらに、リアルタイムで勤怠管理が行える勤怠管理システムを導入することで効率良く勤怠管理ができます。インターネットや勤怠管理システムなどのシステム面の整備を行うことにより、お互いに働きやすくなることは間違いありません。



集中して業務に取り組める環境にしましょう


障害者の中には、人の声や人の目が気になり集中して業務に取り組めないこともあります。コミュニケーションを取ることが苦手な障害者もいるので、企業側がコミュニケーションを取る努力も必要です。


なぜなら、会話は非常に集中力を要する作業だということになりますが、あまり理解してもらえないのが現状だからです。その点、在宅ワークは集中して業務を行えるのがメリットです。健常者と同じように仕事をしていても、心身ともに疲れが全く違います。


直接的なコミュニケーションが苦手でも、ネット上でのコミュニケーションであれば可能な障害者も多数います。在宅ワークでも孤独な環境にならない環境作りが大事です。


初めのうちは環境に慣れさせる


個人差もありますが、集中して業務をこなしていけるかどうかは、思っている以上に環境に左右されます。向き不向きもあるので、事前に習得しておくべきスキルや能力もあります。初めのうちは、業務に慣れないこともたくさんあると思うので、ポイントを多めにおさえながら取り込んでいくほうが業務もしやすくなると思います。メリハリをつけて仕事をしていけるように、また仕事をスムーズに進められるようにコミュニケーションを上手く取りつつ、障害者が働きやすい環境を作ることをおすすめします。


まとめ


最初は業務に慣れないこともあると思いますが、少しずつ確かに仕事をこなしていけると思います。在宅ワークには向き不向きもありますが、仕事をするためには最低限備えておきたいスキルもあります。しかし障害者にとって在宅ワークは魅力的な働き方ですので、ぜひ双方理解を深めながら、最適なビジネスパートナーを体現化してください!